かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2021.08.21

コロナ禍の逆境から大逆転した卒業研究 -海外展開から地域に根差した食育へ(教員:永井成美)

食育はいまやグローバルな課題。日本国内だけでなく、発展途上国でもその普及が求められています。食環境栄養課程の永井成美教授の研究室では、フィリピンやモンゴルでの食育を研究室の学生・院生とともに支援してきました。コロナ禍で海外に行けなくなった学生が取り組んだのは?

 

コロナ禍の逆境から大逆転した卒業研究 -海外展開から地域に根差した食育へ(教員:永井成美)

 

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook