かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2020.11.10

インフラとしての学校~子どもが減って学校がなくなって、地域は?~(教員:尾﨑公子)

学校は教育機関。地域の子どもたちに教育を提供するものですが、それだけでしょうか。人間形成系の尾﨑公子教授は、学校は地域コミュニティの核であり、地域の様々な営みを支えるインフラ(基盤)と言います。そして、人口減少が進む地域において学校をいかに存続させるか研究しています。

 

インフラとしての学校~子どもが減って学校がなくなって、地域は?~(教員:尾﨑公子)

 

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook