かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2020.02.20

外来種ウシガエルが生息する要因を分析する(教員:中嶌一憲)

ため池は地域の環境を構成する要素の一つ。それが外来種ウシガエルによって改変されています。では、ウシガエルはどこからきたのか、それが生息している要因は何か。社会デザイン系に所属する中嶌一憲准教授とそのゼミ生が、環境DNA解析や統計分析によって明らかにしようとする研究を進めています。

ため池の厄介者を追え!(教員:中嶌 一憲)

 

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook