かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2022.06.15

梶原伸介さんに聞く、地域に人の居場所をつくる「仕事」。

まちをつくる。

これは一体どのような営みでしょうか。広場や道路をつくったり、ビジネスを興したりすることもまちづくりですが、人々が自然に集うような、居心地の良い居場所をまちに創出することもその一つ。

姫路で活動する梶原伸介さんは、このような居場所づくりを「仕事」にしている人。以下の記事(くらすペディア)では、梶原さんがどのような経緯でこのような仕事をするようになったか、いま、どのような取り組みをしているか、そこで大切だと思う考え方を語っています。ぜひ、ご一読ください。

すきなことをがむしゃらに。(寄稿:合同会社hyphen梶原伸介さん)

 

環境人間学部では梶原さんを講師とした特別講義やフィールドワークなど、様々な形の交流を行っています。

 

 

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook