かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2022.09.05

石田 弘明

大学院(共生博物部門) 教授
研究分野

植生学、保全生態学

専門分野・研究テーマ

2007年に刊行された環境省版レッドリストでは1690種の野生植物が絶滅危惧種に指定されています。日本に自生する野生植物の総種数は約7000種ですから、このうちの約24%の種が絶滅に瀕していることになります。私は、このような問題の解決を図るために、日本の代表的な植生で、かつ生物多様性の減少が危惧されている照葉樹林、ブナ林、里山林、湿原、二次草原を主な研究対象とし、その生物多様性に関する調査を全国各地で進めています。そして、これらの調査結果をもとに生物多様性を保全・復元・再生するための具体的な方法や指針を考案し、その成果を学術論文などとして積極的に公表すると共に、シンクタンク活動や普及教育活動などを通して研究成果の普及・活用に努めています。

学生へのメッセージ

植物・植生の生態や生物多様性の保全・復元・再生について興味・関心がある方は、ぜひ大学院にご入学ください。一緒に楽しく研究しませんか。

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook

教員一覧