かんなび 学びいろいろ、環境人間学部のみちしるべ。

2022.08.18

石坂 朱里

食環境栄養課程 助教
研究分野

食品機能学

専門分野・研究テーマ

私は野菜や果物に含まれる「フラボノイド」の研究をしています。一般的によく知られているフラボノイドには、タマネギに含まれるケルセチンや緑茶に含まれるカテキン類、大豆に含まれるイソフラボン類などがあります。ヒトを対象とした調査研究では、フラボノイド摂取による有益な効果(心血管疾患死亡リスクの低減など)が認められていますが、その詳細はまだあまり分かっていません。特に、妊娠・授乳期の母親が摂取したフラボノイドが、母体や赤ちゃん(胎児・乳児)にどのような影響を与えるのかについて、ほとんど知見はありません。  そこで当研究室では、実験動物や培養細胞を用いて、母から子へのフラボノイドの移行および機能性発現メカニズムの究明に取り組んでいます。

学生・高校生へのメッセージ

当研究室では、母親のフラボノイド摂取が胎児・乳児に与える影響について調べています。まだ分からないことばかりで伸びしろたっぷりの研究分野です。将来的に、母子のより良い食生活に貢献できるような研究にしたいと考えています。本研究に興味を持っていただけたなら、ぜひお気軽にお声がけください。

 

\ この記事をシェア /

Twitter Facebook

教員一覧